昨日のクリスマスイブ、
天変地異レベルに異例なことに、
ケーキを用意しませんでした。

ウエスティンホテルのクリスマス

二年前は、
山の上ホテルの「ブッシュ ド ノエル ショコラ」を予約し、
23日に受け取り、
おいしすぎて翌日には食べきり、
25日に当日販売分で、
再度購入、なんてコントみたいなこともしたくせに。

ウエスティンホテルのクリスマス

昨日、
髙島屋の食料品街の人混みを遠巻きにしながら、
「うーん、今夜どうしてもケーキが食べたいという訳ではないなぁ」と、
「オーボンヴュータン」の「テリーヌ・ド・ヴォライユ(鶏肉ベースのテリーヌ)だけ買って帰りました。


これまで、
幼少期より生粋の甘党で、
365日、
1日何度も甘いものを口にしていました。


家にお菓子がないと落ち着かないし、
一度出かけたら、
界隈のお菓子屋を覗き、
何か買わないと気が済まない。


“甘いものがないと朝起きられない”
“甘いものを食べないと、気持ちが落ち込む”


などなど、
ある意味、
「強迫観念」と言えるほど、甘いものに捕らわれていました。


ひと月くらい前、
BGM代わりのYouTubeから流れてきた言葉に、
思わず作業する手が止まりました。


「自分にダメ出しばかりしている人は、
甘いものを食べずにはいられない。
自分で自分に厳しくしている分、甘いもので中和している」


それ、わたしだわ。


とにかくビックリしたものの、
(悲しみとか)なんらかの感情が湧いてきたということもなく、
ただ「そっか〜〜〜」と納得しました。


気づくと言うのは、
変化への第一歩なのか、
それ以来、
“甘いもの欲” が、自分でも驚くほど低下しました。


食べるとリラックスできて、
思わずにんまりしてしまうのは、
変わらないけど、
依存するように求めてしまうことは、少なくなった気がします。


以前は、
カフェに入れば、
甘いお供がないと寂しかったけど、
今なら、珈琲だけでも十分満足できる。

その上で、
どうしても気になるメニューや、
欲している味があれば、頼む。

焦燥感や欠乏感じゃなく、
純粋な気持ちに従って。


なんだか、
とてもシンプルになったなー。
身軽になったなー。

それに、
感覚が研ぎ澄まされた分、
より真摯に、
甘いものに向き合えるようになった気がするぞー。


そんな折に出会ったのは、
恵比寿の「LESS(レス)」です。

恵比寿 LESS レス

お散歩の途中だったので、
常温で持ち歩ける、
オレンジの花香るパウンドケーキと、
ガラムマサラのクッキーを購入。

恵比寿 LESS レス

全般的に、
わたしにとっては、
なかなかに高級な商品群。


帰宅後、
「(高いだけに)おいしいんでしょうねぇ??」と、
なかば挑むようにケーキと向き合いました。


これがねーーー、
「当然のお値段です!参りました!」という、
芸術的なお味でした。

“洗練” という言葉がぴったりの香り、口溶け。


口の中が、、、幸福。


甘いものって、
体を丈夫にすることはなくとも、
幸せな気持ちを生み出すことができる(結果、免疫力さえ上がる気がする!)。


食べる頻度は下がっても、
その一つ一つの機会を大事にしたい。


「LESS」については、
シグネチャーのパネットーネや、
生ケーキたちを味わった上で、
あらためて記事にしたいと思います。

ガーデンプレイスのクリスマス

来年も、感動できる甘いものにたくさん出会えますように。

ガーデンプレイスのクリスマス

バカラのシャンデリア

ーーーー
こちらからご登録いただけると、
LINEで更新情報が受け取れます。
⬇️


よろしければ、ぜひどうぞ😊

ーーーー
より多くの方に情報をお届けしたくて、
ランキングに参加し始めました!

下記のバナーをクリックして頂けると、
うれしいです☕️❤️
⬇️
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします🎶